さくらこ資産運用

40代普通の主婦が投資始めました!0から始めるFX·株式投資ブログ

【トラリピ】豪ドル/NZドル20万円ではじめました!設定公開、設定手順

f:id:sakurakoman:20210416173824p:plain

2021年4月14日よりFXのリピート系自動売買のトラリピをスタートさせました。

トラリピは「トラップリピートイフダン」という注文方法の略称で、マネースクエアが提供しています。

FXの売買を指定したレンジ内で繰り返してくれる自動売買システムです。

私はFXの自動売買でアイネット証券のループイフダンをすでに使用しています。同じリピート系のFX自動売買ですが、トラリピはループイフダンよりも細かい設定ができます。

特に豪ドル/NZドル(AUD/NZD)の通貨ペアの設定は、ループイフダンより優れていると思ったので使うことにしました。

始めやすい20万円の設定です。豪ドル/NZドルの設定の根拠と設定方法を紹介します。 

 

通貨ペアを豪ドル/NZドルに決めた訳

豪ドル/NZドルの通貨ペアはトラリピ史上最強通貨ペアと言われるだけあって、良いところがいっぱいあります。私が特に重要視したものから順に紹介したいと思います。

❶スワップポイントが売り・買いともに「0円」だから

f:id:sakurakoman:20210415110418p:plain

2021年7月1日まで豪ドル/NZドルの通貨ペアはスワップポイント0円というキャンペーンをやっています。

売り買いともに設定してスワップポイントがマイナスにならない通貨ペアは豪ドル/NZドルだけです。他のどの通貨ペアも売り買いともに設定するとスワップポイントはどちらかはマイナスになってしまいます。

このスワップポイントがマイナスにならないという理由は私の中ではすごく大きいです。

マイナススワップはポジションを保有し続けるとジワジワと効いてくるので、精神的にキツいのです。できればマイナススワップはつかない運用をしたいと考えています。

私が豪ドル/NZドルの通貨ペアを検討し始めたのは3月で、トラリピでは4月1日までスワップポイントが売り買い両方0円のキャンペーンをやっていました。

4月1日までならもう期間も残り少ないのであきらめていたのですが、3か月延長されて2021年7月1日まで「0円キャンペーン」が続くことになったので、これはチャンスと思い始めることにしました。

さらに期間延長してくれると助かるのですが、キャンペーンが終わりどちらかにマイナスがつくようならマイナスがついた方の運用はそれまでの運用成績を見てちょっと考えなおします。

 

❷レンジ幅が狭いので少ない資金で運用できるから

トラリピを運用するのが初めてなので、まずは少ない資金で運用できたらと考えました。トラリピはデモがないので、いきなり多額の投資は自信がなく、まず少額からスタートできる通貨ペアで、設定方法などの操作含め運用に慣れていきたいと思います。

 豪ドル/NZドルはレンジ幅が狭いので少ない資金で運用できます。

f:id:sakurakoman:20210415112140p:plain

豪ドル/NZドルはここ7年ほどは0.99~1.14の間でレンジ相場となっています。

15年ほどの値動きで見ると、2011年あたりまでは豪ドル高が続きました。その後はニュージーランドの景気が回復し、豪ドルが下落しました。2015年のチャイナショックを経て、オーストラリア・ニュージーランドともに景気が悪化し、金融政策の維持・緩和が続いているので通貨間の変動は起きにくくなっています。さらに最近のコロナ禍の影響をふまえ今後も同じようなレンジが続く可能性が高いと考えられています。

なので、ここ7年ほどのレンジ幅0.99~1.44で設定しようと考えました。

f:id:sakurakoman:20210415115444p:plain

0.99~1.14NZDの間で動いているというのは、1500pipsのレンジ幅です。日本円で考えると値幅は11.7円程度(NZD=78円で計算)です。

f:id:sakurakoman:20210408142137p:plain
さくらこ

こんなに狭い値幅であれば資金は少なくすみますね。

 

❸ハーフ&ハーフ設定に最適だから

❶で書いたように、売り買いともにスワップが「0円」ということは、ハーフ&ハーフの設定に最適なのです。

ハーフ&ハーフとは?

仕掛けるレンジの上半分に「売り」のトラリピ、下半分に「買い」のトラリピを仕掛ける戦略のことです。

f:id:sakurakoman:20210415114320p:plain

 こうすることによって、必要な資金を半分から3分の1に減らす効果があります。

詳しくは公式HPに掲載されています→トラリピ ハーフ&ハーフって何ですか?|マネースクエア 

狭いレンジ内で上下している豪ドル/NZドルはこのハーフ&ハーフ設定がぴたりとはまります!

さらに今はスワップ0円なので、売り買いどちらのゾーンに動いても心配ありません。

ハーフ&ハーフのような設定はループイフダンではできませんので、トラリピで運用するのが最適です。

 

さくらこの豪ドル/NZドル20万円設定

レンジ幅0.99~1.14で、中心を1.076にして売りと買いに分けました。

さらに売りと買いを二つにわけ、4つのブロックにしました。

特に中央に近いレンジ幅をコア部分としてトラップ本数を増やして、利益をより多くねらっています。

f:id:sakurakoman:20210415164015p:plain

↑イメージはこんな感じです。コア部分はサブ部分よりトラップ本数が多いです。

具体的な数値は以下のように設定しました。

f:id:sakurakoman:20210416210140p:plain

売りのレンジ値幅は、1.076~1.146です。コアはトラップの値幅20pips(0.002NZドル)で、サブは80pips(0.008NZドル)です。売りの方が同じ値幅でも多くの資金が必要になるので、サブのトラップ値幅とレンジ値幅はサブの買いとは変えています。

買いのレンジ値幅は1.004~1.076です。コアはトラップの値幅20pips(0.002NZドル)で、サブは40pips(0.008NZドル)です。

利益値幅は変更しても必要資金に影響はありません。お好みで設定すれば良いと思います。利益値幅は設定した後からでも簡単に変更できます。

必要資金は「売り」の合計が177,000円、「買い」の合計が200,000円です。

ハーフ&ハーフの場合は、「売り」「買い」のどちらか必要資金が高い方で考えれば良いので、必要資金は20万円となります。

ハーフ&ハーフのルール   同一通貨ペアで売りと買いの双方の注文がある時、いずれか一方金額の高い方を必要証拠金とする。

なので、売りのロスカットレートは実際は1.15468よりもう少し超えても大丈夫です。下は今までに0.99以下になったことはありませんが、上は過去10年で見ると1.38まで上がっているので、上のロスカット水準に余裕がある方が良いと思います。

買いのロスカットレートは0.99より少し超えてしまいましたが、そこまで到達するころには多少利益も出ると思うので、0.99まではもつかと思います。

ロスカット水準を目安に、ロスカット水準を上か下で超えそうな場合は追加資金の投入や損切りなどの対処をしていかないとロスカットされてしまいます。

 

 資金を増やしたい場合は?

私は資金20万円で始めましたが、資金が40万円ある場合は以下の方法で増やせます。

方法1:注文金額を0.1万→0.2万にする。

方法2:トラップ本数を倍にして、1引く。18本→35本、10本→19本、4本→7本。トラップ本数を単純に倍にしても良いのですが、そうするとトラップ値幅が中途半端な数字になります。気にならない場合は単純に倍にすればOKです。

方法3:の【買】と【売】の設定をもう一度設定する。その時、レンジ上限・下限を0.001上か下のどちらか一方にズラすと最初の設定とポジションが重ならずに買い増しできます。

f:id:sakurakoman:20210408142137p:plain
さくらこ

私はまず20万円で稼働させて様子を見ているので、調子が良ければ「方法3」で資金を20万円単位で追加する予定です。

 

トラリピ設定手順  豪ドル/NZドル 20万円

豪ドル/NZドルの20万円設定のスマホでの手順を紹介します。まずは「❶【売】サブ」の設定です。

手順1. マネースクエアのアプリにログインし、「トラリピ注文」をタップ。

f:id:sakurakoman:20210416160549p:plain

 

手順2. 新規注文画面で①~⑦の項目に値を入力し、最後に「トラリピのリスクを試算」をタップ。

f:id:sakurakoman:20210416162257p:plain

表で示した数値をそのまま入力すればOKです。

⑧⑨決済トレールとストップロスは設定しないので、何もしなくてOKです。

※「トラリピのリスクを試算」を事前に済ませている場合は、「トラリピのリスクの試算」をタップせずに、手順5に進んで「確認」をタップしてください。

 

手順3. 注文の内容を確認し、①運用予定額に表の「必要資金」を入力し、②「試算する」をタップ。

f:id:sakurakoman:20210416163722p:plain


手順4. ①「ロスカット水準」を確認します。ロスカット水準が表の値に近ければOKです。目安は売り1.15以上、買いは1.00以下です。確認したら②「閉じる」をタップ。

f:id:sakurakoman:20210416163735p:plain

 

手順5. 「確認」をタップ。

f:id:sakurakoman:20210416163952p:plain

 

手順6. 注文内容を確認し、「注文実行」をタップ。

f:id:sakurakoman:20210416164003p:plain

 以上で「❶【売】メイン」の注文は完了です。トラリピ管理表で注文を確認できます。

同じように、下の表を参考にして「❷【売】メイン」「❸【買】メイン」「❹【買】サブ」を設定すれば完了です。

f:id:sakurakoman:20210416165528p:plain

 新規注文はレートが仕掛けたトラップと同じレートなった時に成立します。土日に設定した場合は月曜日に新規注文が成立します。 

 

この設定手順通りにすすめていけば、簡単に設定できると思います。

 

トラリピを始めるにはマネースクエアでの口座開設が必要です。詳しい内容はこちらからご覧になれます。(公式HP)↓

マネースクエア

 

 NZドル米ドルの運用はじめました!詳しくはこちらの記事で紹介しています↓

ユーロポンドの運用はじめました!詳しくはこちらの記事で紹介しています↓

カナダドル円の運用はじめました!詳しくはこちらの記事で紹介しています↓

トラリピの全通貨の設定を考察しました↓ 

 

最新の設定と実績は毎週【運用実績】で公開しています。↓

運用実績 カテゴリーの記事一覧 - さくらこFX